塗料添加剤(シリコーン系)セルフ診断

塗料添加剤(シリコーン添加剤)セルフ診断 > 顔料分散性

顔料分散性

顔料分散性の主な特性

商品名(用途と特長) 溶剤・UV硬化系 水系 色別れ(浮き・斑) 酸化チタン系分散

DOWSIL™ 700P Additive

溶剤系塗料、インク用の無機顔料特に酸化チタンを効率的に分散できます。 標準添加量は、酸化チタンの0.2〜4重量%。

DOWSIL™ 8019 Additive

溶剤系、水系およびUV硬化系コーティングでレベリング性および、スベリ性を提供するポリエーテル変性シリコーン。標準添加量 0.1~0.5重量%

DOWSIL™ DC 3 Paint Additive

溶剤系塗料添加剤として 色別れ、浮き、マダラ防止およびレベリング性改善。また顔料分散機能も兼備。酸化チタンの分散剤として使用する場合標準添加量は酸化チタンに対して2~10重量%。塗料添加剤としての標準添加量は0.03~0.5重量%。

お探しの商品が見つからない場合はこちら

ページトップへ